Search
生きづらさと向きあう任意団体

いたいのいたいの、とんでゆけ

言葉にしてしまうと陳腐になってしまう「あれ」、は本当に存在するのでしょうか。あらゆる文学のテーマでもあり、おそらくは誰もが信じたい核心の存在を究めてくれているファンタジーです。
三秋作品の中でも、「家族における抑圧」という、ひとなみ的テーマがもっとも色濃く出ている作品。
血なまぐさい場面も多いのですが、多くの伏線が見事に回収されており読みごたえがあります。