ひとなみ

生きづらさと向きあう任意団体

徒歩で行きづらい立地の寺に、毎月100人前後が集う!@行田市・長光寺

全国さまざまな地域のお坊さまがたと話していると、しばしば「都会はいいけれど」という話になります。
地方寺院から墓じまいしてゆく檀信徒が、決まって
息子たちは都会に家を建ててしまい、もうこの村には帰って来ないので、息子たちの家の近くの納骨堂に移ります。

などと話すため、地方寺院に未来はないとお感じになられているのです。

しかし都会で疲弊し、うつやパニック障がいをはじめ各種の不調を抱える人々が、お寺や神社という特殊空間に滞在し、いままでの価値観から断絶された暮らしを数週間~数ヵ月送ると、それだけで精神的不調も健康上の問題も解決してしまったという事例がいくつもあります。

ほんとうは、人里離れた山村のお寺にこそ、隠れた大きな価値があるかもしれないのです。

今回うかがった長光寺(曹洞宗)は、山村ではなく利根川べりの平地にあり、「埼玉県行田市」という住所表記からは、さして交通の便が悪いようにも思えないのですが、最寄りの鉄道駅から徒歩40分以上かかり、バスも通勤通学時間帯にしか多くは通らないという不便な立地にあります。
この長光寺では、米蔵を改築してできた「空華(くうげ)」というホールで毎月コンサートが開かれていると聞き、拝見してきました。

境内はひっそりとしたお寺に、いつの間にか120人が訪れていました。
寒い季節にもかかわらず、会場はぎっしりの超満員。

「空華」の外観はとてもモダンで、広い空に映えています。

「忍の行田の昔話語り部の会」のかたによる地域にちなんだ語り、福島住職によるウィットに富んだ端的な法話、そして演奏会がセットになった催しです。

500円のワンコインで、コーヒーとお茶菓子までついてきます!

訪れるかたは、お知り合いどうし車を相乗りしたりしていらっしゃるそうです。

今回はアルトSax奏者WaKaNaさんの演奏で、Jazzをベースに唱歌や歌謡曲もおりまぜた多彩なプログラムでした。音楽プロデューサーが毎回違うアーティストを招聘するので、声楽や弦楽など月替わりで楽しめます。

毎月このイベントを楽しみに見えるかたももちろんいらっしゃいますが、皆さんがクチコミで家族やお友達を誘ってみえ、多いときは会場からあふれるほどになるそうです。

前のほうは椅子が並ぶ席ですが、後ろの半分はテーブルに相席となっていて、茶菓をいただきながら、「どちらから?」、「毎月みえているの?」など、初対面の人どうし話も弾みます。

詩の朗読や映画会、コンサートを定期的におこなうお寺は増えていますが、これほど頻繁に開催していてリピーターも多く、地域のかたの文化の拠点として根づいている例は、そう多くないように感じました。

大宮や熊谷の大きなコンサートホールまで行くには往復数時間かかるエリアだからこそ、しかもワンコインというありがたい料金でプロの演奏を楽しめる貴重な場であるからこそ、多くの人が毎月楽しみにこの日を待つのでしょう。

地域の人へ、文化を提供すること――これも、お寺のたいせつな使命であると感じました。

拠点となるお寺、大募集! フードバンクアリス福祉会@倉敷

倉敷市で昨年9月に発足したばかりなのに、すでに10社もの食材提携先をもち、発足以来わずか半年で数トンもの食材を集めているフードバンクがあると聞きました。
しかも集めた食材や物品を、お寺を拠点に循環させることを企画中というではありませんか。

このフードバンクを運営するのは、就労継続支援A型事業所をする一般社団法人アリス福祉会

代表理事の稲見圭紅さん(写真右)と、理事の藤原巧さん(写真左)にお会いしました。

困窮者のためにやってるんじゃない!
お金持ちも、来て、見て、もらって、考えてください

稲見「私がフードバンクを始めた観点は〝福祉〟ではなく〝環境〟なんです」

え? 名前が福祉会なのに、福祉の観点ではないの?

鋭いかたは気づいたかもしれません。この矛盾が大きなミソなのです。
福祉施設を運営している稲見さんだからこそ、フードバンクをやるなら福祉の観点ではだめだと気づいたのです。

稲見「福祉の観点でモノを見る人は、〝どうせ廃棄されるものだから恵んであげる〟という言いかたになるでしょう。それ、福祉に携わる側からしたら〝絶対にもらいたくない〟ってなるわけですよ。
でも私は、ともかく廃棄されるモノを減らしたい! という環境の観点で食品を集め、〝お願い、もったいないから使うて!〟と言って回るんです。つまり、もらいに来てほしい人には困窮している人ばかりでなく、お金持ちも含まれます。〝誰でもいいから、使うて〟、〝もったいないという意識をもてる人、集まろう!〟なんです。
経済的に余裕がある人にも、いますぐ食べるなら賞味期限の迫ったものから買う、必要なだけ買う、ということを根付かせて、世の中の無駄を減らしたいんです」

なるほど。そういわれたら、タダで食品やモノをもらうといっても恥じる必要がありません。
企業の側からしたら、箱にほんの少しの印刷ミスがあったり、鍋のフチがちょっとだけ凹んでいたりするだけで、店頭には並べられない「不良在庫」となります。
でも使えるんだから、食べられるんだから、「それは私たちからすると、不良品ではない!」

多少の訳あり商品も、流通に乗った以上は使命をまっとうさせたい。
……その思いは、〝可能な限りの能力を活用させたい〟という福祉ベースの視野に裏打ちされていると感じました。

現在、関西圏の複数の大手スーパーをはじめ、全国展開するチェーンや、食材だけでなく雑貨を扱う企業などとも提携。

しかも、集めた食材や雑貨を配布するスピードが非常に迅速。
施設の人材や地域の学生を起用して、地元スーパーが「消費期限残12時間」で見切り品とした惣菜などを、その日のうちに配り終えます。

稲見「岡山にはもともとしっかりとしたフードバンクがあります。でも食材の提供を受けるには、取りに行かないといけない。ほんとうに困窮している人は、取りに行く足代がないという話を聞きます」

藤原「食材が集まりすぎて、配布する場所探しが大変になってきています。そこで目をつけたのが、地域のお寺。お寺はそもそも施し・施される場所なので、〝もったいないから、ここを拠点にグルグル回しているよ〟ということがなじむと考えたんです」

ご覧のように、フードバンクといっても食材だけでなく、さまざまなものが寄せられています。
稲見「廃棄・焼却される運命にあるこれらの物品を、サルベージして使う人のところへ循環させてくれる仲間や人と、どんどんつながりたい」

関西・近畿・四国地方のお寺さまや仏教会で、このことを知り「ぜひ協力したい!」というかたがいらっしゃれば、ぜひご連絡くださいとのこと。

藤原「倉敷まで物品を取りに来るガソリン代さえ持っていただけたら、どんどん共有します」

フードバンクアリス福祉会の連絡先

事 務 所 :〒712‐8043 岡山県倉敷市広江 5丁目 2‐45

電話番号:086‐436‐6603

F A X :086‐436‐6613

E-mail : alice2015@snow.plala.or.jp

墓じまい、あれこれ

zadankai_icon-2-large

【ひとなみ座談会】
墓じまい、あれこれ

2016年10月3(月)@八王子・延立寺縁側アミダステーション

参加者=松本智量(浄土真宗僧侶)、藤尾聡允(臨済宗僧侶)、吉田尚英(日蓮宗僧侶)、名取芳彦(真言宗僧侶)、増田俊康(真言宗僧侶)、渡邉忠道(朝霞出雲大社)、大橋理宏(株式会社大橋石材店代表取締役)、樋口清美(葬祭関連企業勤務、寺ネットサンガ事務局長)、小川有閑(浄土宗僧侶)、大岩みつ子(一般)、色摩真了(真言宗僧侶)、平井裕善(浄土真宗僧侶)、戸見嶋淳昭(浄土真宗僧侶)、Aさん(天台宗僧侶)、Bさん(石材店勤務)、Cさん(葬祭関連企業勤務)+Okei

行政書士として墓じまい(イエ墓から納骨堂や永代供養墓など継がなくてもよい施設への改葬)をお手伝いするなかで、「御魂抜きはどうされますか?」「それは何ですか? やらないといけないものなんですか?」というやり取りになることが増えています。

墓の世話は若い世代の親族がする、墓石には入魂がなされている(浄土真宗など一部の宗派をのぞく)など、半世紀前は“あたりまえ”だった民俗のストーリーが崩壊していることを感じます。

本来は、お寺がそういうことを伝えなければいけないのでしょうが、人々の足がお寺から遠のいている現状で、いかにしてそれを伝えてゆけばよいのでしょうか。あるいは、時代の流れに任せた新たな方策があるのでしょうか。
続きを読む

阿波内侍の真意:崇徳上皇は怨霊なんかじゃない!

(※前編「桜シーズンの京都で、閑静な庭園美を堪能する」から続く)

テーマ=阿波内侍(あわのないじ)の足跡を追う(後編)

今回のルート=①総本山善通寺➡②こんぴら歌舞伎大芝居➡③崇徳上皇陵(白峯御陵)➡④阿波・願勝寺

【ひとことコメント】崇徳上皇を祀り、平成の時代に縁切り縁結びスポットとして脚光を浴び、「〇〇(←恋敵、本妻etc.の名前)が××になりますように(←不幸を示すさまざまな言葉)」と呪う、おぞましい絵馬が千と連なる京都の安井金毘羅宮。かつてそこへ住まい、保元・平治の両乱を、敵味方双方の関係者としてくぐりぬけた阿波内侍にスポットを当て、崇徳上皇の流された阿波・讃岐へ向かいます。

続きを読む

宗教に壁をつくらない日本人(Free-for-all)

20歳のアメリカ人留学生が見た、日本人の宗教意識

多忙な経済社会において、欧米でも教会に通う家庭は減っている。

「無宗教(信仰をもっていない)」ということを公言するのは日本人だけだと思っていたが、実際どうなのか?

セントフロリダ大学から社寺観光のため来日中のMichelle Allemanさん(20歳)に、インタビューしました。 続きを読む

寺院の“縁側”という発想=八王子アミダステーション視察

2年前にひとなみ勉強会を開催した八王子アミダステーションが、プレハブから立派な新築に生まれ変わりました。「延立寺縁側」として生まれ変わったアミダステーションの視察報告です。

駅前拠点

松本智量住職のお寺・延立寺は、JR八王子駅や京王八王子駅から車で20分ほどのところにある。バスや車を使わなければたどり着けないその立地でも、法話会には熱心な檀信徒が数十人集う、活気あるお寺ではあった。
しかし、「もう少し利便性の高い場所に、市民が集える場所がほしい」と、2年ほど前に八王子駅徒歩5分のプレハブ倉庫を手に入れ、延立寺の別院・アミダステーションとして市民に開放。「八王子市民のがっこう」はじめ、さまざまな市民活動のスペースとして利用されてきた。

「予想以上に使ってもらえている」と感じた智量さんは、不特定多数が出入りする場所として安心して使ってもらうため、プレハブから本格建築への建て替えを決意。新生アミダステーションは「延立寺縁側」と名付けられ、2016年1月に始動。

KIMG1422壁は、倉庫時代の黒色からクリーム色に。3F建ての新築に変貌しました。場所は、八王子駅北口徒歩数分のまま。

KIMG14291Fは、投影設備や立派なスピーカーを備え、映画上映にも適したスペース。
(スクリーンとプロジェクターは1F、2Fともに常設され、いつでも映画上映できる)

写真はないが、いまのところ倉庫となっている3Fは、畳を敷き詰めれば瞑想道場風にも使えそう。

「お仏壇+書庫」というマッチング

KIMG1433

仏教書から哲学書、文学、漫画まで。数多くの蔵書が並ぶ“知の空間”は1Fから2Fへ。
本を読む人が激減した時代に出現した「お仏壇と書庫のマッチング」は、レトロと近未来が融合したなんともあったかい空間。

置き畳や座布団で、“茶の間風”に利用できるのもうれしい配慮。

KIMG1431

月に1度程度、「子ども食堂」としても利用されている。

KIMG1425

市民団体から寄付された目印看板は、プレハブ時代と同じ。

KIMG14352Fには冷蔵庫や食器も完備。

“縁側”による、儀礼機能と結縁機能のすみわけ

アミダステーションができる前の延立寺は、智量さんが趣味で集めた漫画や書籍が客殿にも天井いっぱいまで並び、個性のあるというか、なんとも不思議な「漫画と本のあるお寺」だった。
お寺は、葬儀法要の時間だけでなく、いつでも、本や漫画を読みにふらっと立ち寄ってもらっていい場所。そういうアピールのあるお寺ではあった。

しかし、檀信徒でもない市民がふらっと立ち寄る場所として、車やバスで20分はたしかに敷居が高すぎる。
駅前にアミダステーションができたことで、法要など檀信徒向けの「儀礼機能」と、営利の競争からいっとき離れて“ちょっと考え事をしてみたい”というときに立ち寄れる「休息機能」(うまく発展すれば、休息を求めた市民と市民がいずれつながりあっていく「結縁機能」を兼ねる)とが、うまく分離された。

後者の機能を果たす場所を、縁側(=靴を脱いで「お邪魔します」と上がらなくても、ちょっとお茶を飲んで語らいに寄れる場所)と名付けた智量さんのセンスに脱帽する。

縁ある者だけがふれられる“知”

いや実際、釈尊の教えも書物の教えも、半世紀前は当たり前にあったけれど、現在は、「あえてふれてみた人だけにゆるされた知」になりつつある。

2Fに並ぶ文学全集や仏教書、哲学書を、じっさいに手に取って開いてみる人は年間に数人しかいないのかもしれない。
だがそれでも、そこにお仏壇と本が並んでいるということの意味は、とても大きい。

哲学や文学を語ることなく、すなわち「人生とは?」「生きる意味とは?」を考えるいとまもなく、過去の時間や場所に生きてあえいで苦しんだり楽しんだりした現実のリアルな人たちに共感することもないままただ公式をおぼえ地名をおぼえ年号をおぼえ、そして就職し、顧客や患者や利用者ひとりひとりの苦悩や満足や笑顔とはほぼ無関係に契約書を交わし領収書を切りハンコを押して業績に貢献し、朝夕満員電車に揺られ日々を過ごす私たちが、この空間へたどり着くということ。それ自体が、“いつもと違う思考”への入口なのだ。

お仏壇を見て、そういえば子どもの頃、祖父母は毎朝、お仏壇に手を合わせていたけれど、自分は誰かの葬式でもなければ手を合わせることもしていないなぁと、気づく。
学生の頃は哲学書のひとつも読みかじったけれど、ここ20年実用書しか読んでいないじゃないかと、気づく。

じっさいに手を合わせてみなくても、本を手に取って開かなくても、気づいてみるだけで、大きな一歩なのだ。
どのみち、書かれているのは何十年何百年前に生きた誰かが人生について「こう考えてみた」という事例にすぎず、同じように考えなければいけないわけでもないし、個々人の人生の答えが何百冊の中の1冊に書かれているわけでももちろんない。大事なのは、“考えてみる一歩があるか、ないか”だけだ。

利他とか社会貢献というキーワードを用いるだけなら、案外たやすい。
でも本当の利他は、まず自分自身の立ち位置とか、生きていることの意味を感じ考えるところからしか、始まらない気がする。自分自身が枯渇したままで、誰かを救済しようなんて無理な話。

その意味で、お仏壇と書庫のあるこの空間は、まさに近未来のお寺の理想形だ。

利用料は“お布施”(定額ではない!)。
知の縁側に腰をおろしてみたい人はぜひ、集ってみてほしい。
行政ではないので、もちろん八王子市民でなくても利用可能。

◆延立寺縁側(通称:アミダステーション)の利用申込みは… ⇒ こちら

【番外編緊急座談会】九州中部地震・支援体験を語らう

zadankai_icon-2-large

【番外編緊急座談会】
九州中部地震・支援体験を語らう

2016年5月10(火)@福岡市・妙徳寺

参加者=大津顕教(テラ・ネット/浄土宗龍華寺)、堀田顕英(テラ・ネット/浄土宗常福寺)、永石光陽(日蓮宗常妙寺)、吉田武士(浄土宗長安寺)、平川義雄(曹洞宗大弘寺)、高岸宗範(曹洞宗陽興寺)、宇賀一丈(曹洞宗永福寺)、石川俊英(曹洞宗慈眼寺)、石川裕彰(曹洞宗慈眼寺)、定直寛典(曹洞宗東前寺)、菰田大孝(曹洞宗大円寺)、森 裕二(国松石材店)、渕 丈嗣(曹洞宗妙徳寺)+Okei

九州中部地震から3週間。支援活動に参加した宗教者など十数名で、感じたことや課題を持ち寄り、今後の中長期の支援に向けた活力を養う場となればと、妙徳寺さまのご厚意により緊急座談会を実施しました。
続きを読む

桜シーズンの京都で、閑静な庭園美を堪能する

テーマ=阿波内侍(あわのないじ)の足跡を追う(前編)

今回のルート=①法住寺(後白河法皇陵)➡②長楽寺(建礼門院ご剃髪のお寺)➡③安井金比羅宮➡④崇徳上皇御廟所

【ひとことコメント】桜シーズンの京都でも、テーマを絞れば並ぶことなくお詣りでき、閑静な庭園をじっくり堪能することも可能! 保元・平治~壇ノ浦の戦いと続く乱世の舞台裏を、質素かつ地道に生きた阿波内侍という女性に思いをはせ、おまけに予期せぬ「一遍上人御像」にまで巡り合えてしまった満足度120%の旅でした。

続きを読む