Search
生きづらさと向きあう任意団体

ひとなみ座談会

恒例の「ひとなみ座談会」の内容です。

墓じまい、あれこれ

zadankai_icon-2-large

【ひとなみ座談会】
墓じまい、あれこれ

2016年10月3(月)@八王子・延立寺縁側アミダステーション

参加者=松本智量(浄土真宗僧侶)、藤尾聡允(臨済宗僧侶)、吉田尚英(日蓮宗僧侶)、名取芳彦(真言宗僧侶)、増田俊康(真言宗僧侶)、渡邉忠道(朝霞出雲大社)、大橋理宏(株式会社大橋石材店代表取締役)、樋口清美(葬祭関連企業勤務、寺ネットサンガ事務局長)、小川有閑(浄土宗僧侶)、大岩みつ子(一般)、色摩真了(真言宗僧侶)、平井裕善(浄土真宗僧侶)、戸見嶋淳昭(浄土真宗僧侶)、Aさん(天台宗僧侶)、Bさん(石材店勤務)、Cさん(葬祭関連企業勤務)+Okei

行政書士として墓じまい(イエ墓から納骨堂や永代供養墓など継がなくてもよい施設への改葬)をお手伝いするなかで、「御魂抜きはどうされますか?」「それは何ですか? やらないといけないものなんですか?」というやり取りになることが増えています。

墓の世話は若い世代の親族がする、墓石には入魂がなされている(浄土真宗など一部の宗派をのぞく)など、半世紀前は“あたりまえ”だった民俗のストーリーが崩壊していることを感じます。

本来は、お寺がそういうことを伝えなければいけないのでしょうが、人々の足がお寺から遠のいている現状で、いかにしてそれを伝えてゆけばよいのでしょうか。あるいは、時代の流れに任せた新たな方策があるのでしょうか。
なかみを読む

【番外編緊急座談会】九州中部地震・支援体験を語らう

zadankai_icon-2-large

【番外編緊急座談会】
九州中部地震・支援体験を語らう

2016年5月10(火)@福岡市・妙徳寺

参加者=大津顕教(テラ・ネット/浄土宗龍華寺)、堀田顕英(テラ・ネット/浄土宗常福寺)、永石光陽(日蓮宗常妙寺)、吉田武士(浄土宗長安寺)、平川義雄(曹洞宗大弘寺)、高岸宗範(曹洞宗陽興寺)、宇賀一丈(曹洞宗永福寺)、石川俊英(曹洞宗慈眼寺)、石川裕彰(曹洞宗慈眼寺)、定直寛典(曹洞宗東前寺)、菰田大孝(曹洞宗大円寺)、森 裕二(国松石材店)、渕 丈嗣(曹洞宗妙徳寺)+Okei

九州中部地震から3週間。支援活動に参加した宗教者など十数名で、感じたことや課題を持ち寄り、今後の中長期の支援に向けた活力を養う場となればと、妙徳寺さまのご厚意により緊急座談会を実施しました。
なかみを読む

ハラスメントについて ~近年の村上春樹作品をもとに~

zadankai_icon-2-large

ハラスメント座談会
~近年の村上春樹作品をもとに~

2013年10月17日(木)@文京区光源寺

参加者=僧侶8名、葬祭関係2名(いずれも女性)、一般のかた6名(すべて女性)+Okei

村上春樹さんの近年の2作品、『1Q84』、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』について2人の僧侶とお話ししていたら、「この話には、ひとなみでしばしば話題にしている、ハラスメント(抑圧とか自己肯定感)の問題がかなりのウェイトで入っているのでは!」という流れになりました。 なかみを読む

超宗教のススメ!~イスラーム教に学んでみよう!

「超宗教のススメ~

イスラーム教に学んでみよう!」

2012年6月14日(木)
東京 要町「なんてんCafe」にて
【出席者(発言順)】
Tさん(三田の家スタッフ)、ナセル永野(世界宗教者平和会議、イスラム教徒)、渡邉忠道(神職、朝霞出雲大社)、木村壮宏(神職、五社神社)、棟方あさの(Okeiの中学高校同級生)、Nさん(ひとなみ非常勤スタッフ)、松本智量(浄土真宗僧侶、延立寺)、東 好章(浄土宗僧侶、佐野市・一向寺)、牧野浩士(Okeiの大学同級生)、Iさん(エンバーマー)、大石真理子(鯰組広報担当:当時)、春日部陽子(なんてんCafeスタッフ:当時)
~途中参加~
前田宥全(曹洞宗僧侶、正山寺)、山﨑雄一(行政書士)、橋本正法(NPO地域交流センター代表理事)、武藤嘉宏(行政書士)、古市理奈(日蓮宗僧侶、NPOびじっと理事)ほか計18名

Okei(ひとなみ主宰) 最初にお一人ずつ、今日なぜいらしたかということを、自己紹介を含めてお願いします。
じつは今日のテーマは、昨年12月に「三田の家」というところで、留学生のかたがたと「宗教について語る」という催しに参加させていただいたとき、イスラム圏からの留学生が大勢いらして、問題意識を持ったところから始まっています。まず、その三田の家の催しの企画スタッフでもいらしたTさんからお願いします。 なかみを読む

終末医療における宗教者の役割を探る

「終末医療における
宗教者の役割を探る」

2012年6月4日(月)
長野県上田市 「宗吽寺」にて
 20120604shuumatsuiryo01
 【参加者】
桑澤俊恵(上田・宗吽寺副住職)、岡澤 慶澄(金峯山長谷寺住職)、田口誠道(臨済宗長昌寺住職、行政書士)、飯島惠道(松本・東昌寺住職)、ラザロ保科正和(キリスト教牧師、医学者)、ナセル永野(世界宗教者平和会議、イスラム教徒)、三浦紀夫(NPO法人ビハーラ21、浄土真宗僧侶)、濱坂和子(大阪・行政書士)、桑海一寛(岐阜・大源寺住職)、遠山玄秀(日蓮宗上行寺副住職)、百瀬善之(真言宗智山派僧侶)、小林佑介(佐久・円満寺僧侶)、石原利惠子(ひとなみスーパーバイザー、石原企画)、Okei=勝 桂子(ひとなみ主宰、『いいお坊さん、ひどいお坊さん』)ほか26名
※アンケート未提出のかたの発言引用はなるべく控え、引用させていただく場合はイニシャルにて掲載させていただきました。

Okei 昨年、飯島惠道さんが先代住職を見送られたときの体験談をFacebookでお話しされていたときに、私も5年前に自分の母を送ったときに似た体験をしていたので、意見交換させていただきました。それをきっかけに、「いつかは信州で終末医療についての座談会をしてみたい」とあたためてきたものが実現した次第です。 なかみを読む

モラルハラスメントについて

「モラル・ハラスメントについて」
対処法と、増やさないための方策を探る


2011年10月17日(月)
神奈川県横須賀市 追浜 「独園寺」にて

20111017Dokuonji01会場の独園寺から徒歩10分で海岸に出られました(Yukiiheiさん撮影。)
20111017Dokuonji02【参加者】
※具体的事例についてお話しくださったかたについては、
個人名を伏せさせていただきました。

藤尾聡允(臨済宗僧侶)
松本智量(浄土真宗僧侶)
Xさん(曹洞宗僧侶)
増田俊康(真言宗僧侶)
和田一郎(「生きるアシスト.com」、元カウンセラー)
Yukihei(葬祭業)
森川つよし(行政書士)
Aさん(当事者)
Bさん(葬祭業)
Okei(葬送を考える行政書士)

モラハラとは?

Okei モラル・ハラスメント、通称モラハラっていうのは、直接に身体に傷を負わせることじゃなく言葉で心に暴力を加えていくことなんですが、職場でも家庭でも頻繁に起こっています。最近ではデート中のモラハラも指摘されています。結婚してる人の立場からすると、「デート中なら別れればいいのに」と思うけれども、そうもいかない複雑な心理構造があるようです。 なかみを読む

関西座談会「極限状況下で宗教にできること、してほしいこと」

應典院さんのご協力により、2011年3月25日、関西座談会が実現しました。
当初、“語り場としての寺の力”について語り合う予定でした。
3月11日に東北関東大震災が起こり、みなさま支援活動に多忙なか、テーマを急遽変更しての座談会にお集まりくださいました。感謝いたします。 なかみを読む

散骨座談会

「散骨」座談会

各宗派僧侶+在家1名+Okei


2010年10月3日(日)

要町 「なんてんCafe」にて

「散骨」について、お坊さんはどう考えているの?
檀家が「散骨したい」と言ったら、お坊さんはどう思うの?
教義でなにか散骨について示唆されているの? なかみを読む